タグ:M-1 漫才 ( 1 ) タグの人気記事
M-1 ですねえ。
さて、
日曜夜の、漫才日本一決定戦

 M-1グランプリ を 1.05倍楽しむための記事、、、

(消費税程度でスイマセン・・・)


決勝進出は、演順に

  
1 ダイアン  
2 笑い飯
3 モンスターエンジン
4 ナイツ
5 U字工事  
6 ザ・パンチ  
7 ノンスタイル  
8 キングコング 
9 敗者復活組



まずは、小生予想の展望、決勝進出、優勝候補 編です。

今回は7.8.9の演順が盛り上がりやすい芸人の配置となってると思います。
4番目のナイツでウけて、
やや中だるみでイマイチの空気の中、
7番のノンスタイルで再度ヒートアップ、
8番キンコンと9番復活組がその流れに乗っかっかると。

最終決戦進出の3組を決める戦いでは後半の3組が実際より印象がよく点も伸び、
最終決戦では、ナイツが(残れば)1回目ネタとの比で印象がよく点も伸びると感じます。



さて、最終決戦進出予想、ひとりめは、 ナイツ(マセキ芸能)。  

ボケは はなわのお兄さん、YAHOO を ヤホー とかいう言葉ネタです。
一般人には、人によって好き嫌いがはっきり分かれるコンビです。

このコンビの特徴は、言葉ネタオンリーで最初から最後まで飛ばします。
最近、普通のボケをツッコミで笑わせるコンビが多いですが、ここは両方で笑わせます。

ツッコミはまず1回ツッこみ、
2回目はボケが次のネタふりに入ったあとに、カブりながら軽くツッこみます。
笑いが取れないネタふりの途中で2回目のツッこみで小笑いさせるので、
客の笑いと笑いの間隔が極端に少なくなります。
時間短縮でネタの数も多くでき、客は最後までずっと笑い続ける感覚があります。

ただこれだけでは漫才としては認めてもらえません、単発ギャグのみ。
ここは、たとえば3つ前くらいのボケにまた関連するボケがでたり、
つながりのあるボケにもってくるのがポイントが高く後半盛り上がる要素。
芸の最後のオチも、前に出たボケに関連するボケで締めるとポイントいいかも。

ここの当落のキーは、最後まで同じレベルのオチがずっと続くのが、
・どんどんはまって盛り上がっていけば 吉、
・同じ盛り上がりのまま終わってしまったら 凶。

あと、吉本以外なんで、審査員がネタに慣れてなく新鮮に感じる、という利点もあります。

ここは、1回戦でウけて最終決戦に行くと、
1回目の免疫でツカミの一言でももう爆笑とれそうで有利ですね。

ただ、、、唯一の心配。
これははたして漫才か?っていう審査員がでちゃったら、、、おしまい・・・
流れ、関連、つながりがあって漫才として上手に成り立ってるとは思いますが・・・
ツッコミの技術があるんで玄人受けするでしょう。

演順3、4番目は優勝ないんで苦しい、みたいに今田さん言ってましたが、
ここは上からまず3番に入ればまずいいわけなんで。
最終決戦は実力がでるでしょう。
小生はここの優勝間違いなし、と思ってます。



もう一組は、

関西芸人が関東でうけないなか、ここは健闘してます、 ノンスタイル(吉本)。

ここはナイツとちがって客の好き嫌いが分かれない芸です。
ネタの好き嫌いはあるんですがなんとなく皆が笑う芸風です。

片方がウざいキザな(イキリ)セリフ言って、白い服の細いほうがけなすパターン。
今の芸人の中ではネタはオーソドックスですが、確実に笑わせます。
こちらはさすがに関西、吉本、漫才師。
後半につれてテンションが上がっていきます、得点の出やすい芸、といえるでしょう。

ここはナイツと違って客の好き嫌いがなく、
正統派漫才として確実に点と笑いは取ると思います。



以上の2組と、

常連となったキングコングが確実に票をのばして、この3組が決勝にいくのでは、と思っております。てか今回残らないと笑い飯みたいになっちゃうんでがんばらなきゃ・・
相当気合は入ってると思うし。


ここに敗者復活組が3位争いにからんでくると。 誰ででしょうかねえ、、。



さて、こっからの紹介は、
結果どうなるか予測不能ではありますが、心配の多い5組です。


ダイアン

ツッコミのほうが 新婚さんいらっしゃい に出演し、
3年以内にグランプリとれなかったら芸人(漫才)やめ(させられ)る、
と約束してしまいました。

実力、技術は備えているんですが、いかんせんM-1は勢いが肝心。
ボケはややシュールに淡々とボケます。
大声でツっこんでるんですが、これがうまくマッチしない気がします。
しーんとしたなかでひとりで怒鳴ってる、ってイメージになるかも。
M-1の舞台では客がひいちゃう、という恐れもあります。

あとがない緊迫感でどこまで努力したか、がカギですが、
残念ながら演順1番らしいんで、、、、これは致命的・・・




モンスターエンジン

2人で神のコントやったり、
工場の従業員で、「大量~生産!」とか、
もうひとりは、仁鶴さんのマネしたりしてます。
それ単発なら面白いですが、ここは漫才のM-1。
名古屋はお笑いに縁がない地域、
漫才のネタとなると、どういうもの出してくるかまったく予測できません。
ただ、まだ小生や名古屋人が知らないネタがM-1でうけるにはちと難しいのでは
と思ってます。 
漫才については正体不明で未知数です。
おお、っとうならせるようなネタに期待。




笑い飯

もうみなさんさんざん決勝見てるんで実力は熟知されてるかと。
審査員がうけるか不機嫌そうな顔になるかはっきりするでしょう。
出るたびにウケが少なくなっています。

このコンビはとにかく、できばえは関係ないと思います。
どんなネタかで○か×かはっきりするかと。。
悲願の初優勝、ってのが何年も言われてるんで、そろそろ取らないとヤバイ。

前回、ハリセンボンに抜かれて敗退が決まったとき、
「茶の間は怒ってる。」見たいなこと言ってました。
女性芸人は極端に低い点になるM-1で負けるのはまさに完敗。
負け惜しみに感じてなんか寂しくなった・・・
自覚しててギャグで言ってるならいいんですが、、。

もうマンネリになりかかっています。
今回は原点に戻ってネタ変えて謙虚に、
優勝して純な涙流せるほど一生懸命に取り組むかが大事。




ザ・パンチ

パンチパーマの相方に、「裸でハチ退治してぇ」みたいにぼやくやつですね。
一般市民にはファンが多いです。

唯一の可能性はこのボケ(ツッコミ)の連発に審査員がツボにはいるかどうか。
それが浮いちゃったらむずかしい、技術的には評価は低いと思います。
ただ、ツッコミのほうも、普通にすればネタふり上手な気もするんで、
いつもTVでやるのとは全く違う感じで、つながりのある漫才
で進行させていったらいい結果が出ると思います。

名古屋では、まだそういうネタ見れないんで不明・・・




U字工事

方言やなまりのはいる漫才で、ここもまとまってるんですが、大爆笑がないかも。

唯一はまらせる可能性があるとすれば、栃木と茨城のけなしあいネタ。
前半まあまあうけたあとに後半これもってくると
好成績になる可能性もあります。
審査員もまだ見慣れてないのがよい要素です。



以上の5組。

審査員が気難しい顔してしーんとしちゃう可能性もある5組です。

みんな爆発的要素は持ってますので期待。



あとは、敗者復活組

今回に関しては、
M-1経験者が出てきても、今回は優勝は逆に荷が重いかも。勢いがないような。

一発ギャグとかでTVにぎわしている芸人で、かつ技術はある(←これが大事)
旬の芸人も、今回に限っては爆発する可能性もあるのではと感じています。
審査員も新らしモノ、期待してますし、ウケはいいのかなあ・・・



予想ではないですが人情として、
NHK爆笑オンエアバトルで漫才の技術と経験をみがいたが
いまひとつブレイクできてない、
・磁石
・パンクブーブー
・ハマカーン
・流れ星

このあたりにそろそろ花を咲かせてやりたい、、、、、って、願望。

ほんとはこの努力組にタイムマシーン3号も入れたかったんですが、、、、
ネタでなく最近のイメージチェンジ(ルックス、ファッション)
がマイナス要素となってるように感じ、今年いまひとつに・・・・




まあいずれにせよ、
録画してい2回目、3回目に見たときのほうがなぜか
「あ、思ったよりおもしろかったんだなあ」って感じるかと思います。
今は一発ギャグ系のTV多いんで、正統派漫才師もがんばってほしいルギーです。


みなさんもぜひご覧ください、
できれば DVD(で・ぶ・でぇーす) か HDD(ふとっちょ・でぶ・でぇーす)に
蓄えてみていただければ、と重います・・・・・


とりあえず予想しなきゃ、ってことで、

優勝 ナイツ (大差)

2位 ノンスタイル 3位 キングコング (僅差)

敗者復活がまあまあいくと思います、あとは残念・・・・


小生はナイツのダントツ一人勝ちと思ってますが、

ナイツは優勝の可能性の半面、4位とかで最終に残れない雰囲気もあります。
ノンスタイルは2つとも同じ方向性のネタになると思うんでこれがどうかなあと。
キンコンは今回が一番気合はいってると思います。
キンコン、ノンスタイルは大爆笑はとれますが、正統派漫才の弱み。
ナイツのネタのような審査員がふきださざるを得ないような爆弾はないかなあ・・・
2組とも気合はすごいんで、それに期待。



ここに敗者復活組と残念組の1組でも上位に加われば、番組は大成功かと。

M-1初めての若手たちが総崩れしたらキングコングも可能性ありかと。


審査員は一世を風靡したひとばかり、一発ギャグでも上手でもダメ。
審査員が、ワハハハ と笑うネタでは
ただ面白いだけで見飽きてるんで高得点はムリ。
審査員が、ククク、、、と、ふきだすのを必死に押さえる笑い、
つまり予想外のオチ、バカらしすぎるオチ、を技術も駆使して見出せたところが
優勝を手にするのではないでしょうか。



はい、

これは全部小生のどくだみと扁平ですのでご了承くださいませ。
東京、大阪と違い、お笑い過疎な都会、名古屋の素人だけに、
わりと個々の偏見なしで見えてるとは思っていますが・・・


年末、忙しいかたも多いと思いますので、事前コメでなくても、
ぜんぜん外れちゃうかもしれませんが、日曜番組終わってからでもゆっくり
コメいただければと思います。

結果を見届けて、次回記事は週明けてからになると思います。



ランキング参加しています。
応援クリック↓お願いします
人気ブログランキング  
にほん ブログ村
両方だと↑うれしいです
[PR]
by tskyso | 2008-12-18 20:59 | ギャグ、お笑い、駄洒落