タグ:吉本新喜劇 昔 ( 1 ) タグの人気記事
昭和40年代  ~ カーネルサンダー杉山  ~
当ブログへのコメントや皆様のブログでいろいろ懐かしい話が出てきますので、長くなりますがちょっと。 小生の生まれた昭和40年代、平和で、、この時代に帰りたいなあ、なんて。 ただ、TV番組でなつかしアニメやヒット曲やってるのでややマイナーに注目を。

まず小生のはじめて買ったレコード、
にしきのあきら 「僕はお前に恋をした」?  ~ すーきだーよー チャーコー ってやつ~
(空に太陽がある限り でないとこが渋い)

森田健作  「青春に悔いはないかい」  
(さらば愛の日々よ でないとこが渋い)

そして大ヒット あのねのね の  「赤とんぼ」

そして当時自分でそっくりすぎてビビッていたものまね
金井克子 の  「他人の関係」 。    ~パッパッパヤッパ っていうの~ 
♪ 「はうほひには ひっふでーもー はにんのふたーり」 って。 


今度はくらし

なけなしの小遣いで仮面ライダースナックを3つ買う。 カード目当てと怒られるので
スナックのほうは途中で2個処分してた記憶が。

メジャーではあまり出ないですが、
「チョコベー」 。 細長いシールを下敷きに貼って。

あと文房具屋で新しい鉛筆とか消しゴム買うときのときめき。
当時は1ダース買うとドリフの 首ちょんぱ っていうのがもらえた。

長くなっても次が持たないので中学へ。
淳子派は中1コース、百恵派は中1時代を選んでましたね。 
万年筆をもらえるのがうれしくて。
これは小学生時代の、明星か平凡か、に似てた。


さて、小生ブログからわかるように、吉本の大ファンでした。
(敬称略、漢字は違うかも)でも当時のことはマニアレベル。

当時のメインは、
岡八郎  (オク目)
船場太郎 (せん・ばたろう いやいや )
花紀京 (完璧なボケ、でもしっとりさせるところもあり)
木村進 (エリートっていうか、立場的に違ってた。 のち博多淡海襲名)

主役により脇役もわりと決まったてような。
最後泣かせるのが多かった。 拍手きてましたもんね。

脇を固めてたのが、(脇役のほうが好きだなあ)
原哲夫(誰がカバやねん) 
平参平 (足が動かない、、んっ、んっ 、、、、こっちのほうが楽だわ・・・・・) 
井上辰男 30年変わりませんね  (おじゃましまん にゃわ)
浜裕二  (キャラは今も変わらず。 ごめんくさい。)
伴 大吾 (でぶ系 失踪だったっけ。 いろいろあった。)
木村明  (スミ子姉さんが怒鳴ったら赤フンで飛び出す)
桑原和男  (メインもだが ・・・婆さん役。 ごめんください・・・ )
谷しげる ・・・・・・ 小学時代小生あだ名は谷はげるにしました
(まーごきげんさん、 よいしょ あいそがしっ)
室屋信夫  (ハゲ。 、、、、、、よ、わーれー)
淀川五郎(首ふるだけ)

池乃めだか。 このころ 海原かけるめぐるでやってた。
島田一之助(まあそのおー) なぜかこのごろまたでてますね。
帯谷孝史(やくざ系、鼻をおちょくられ)

ヒロインは
中山美保ねーさん(今は婆さん役ですが当時はヒロイン)
山田スミ子 とか、いちおう 末成由美姉さんも

ブスキャラは2人できまってて
藤 里美 と 楠本美枝子
藤里美は美枝子さんのあとで、ブスキャラに作られたかんじ。

ばあさんは
南喜代子 (知らんかなあ  最後 ぐおーって泣くような)
高勢ぎん子 (ふつーの婆さんで)

などなど。
土曜の新喜劇とともに必ず見ていた「あっちこっち丁稚(当時でっちと読めなかった)」
犬の伝次郎も人気でした。

芸人は、当時は三枝、きよし、仁鶴が若手のホープ
ものまねは
団しん也、堺おさむ(後に なーんでか、の)、
桜井長一郎(おじさんにしては石坂浩二がうまかった)

あのころ 五木ひろしがデビュー
無名だったがレコード8社対抗運動会で活躍した、、、 たしか徳間音工だったかな


とりあえずこんなところで。 懐かしいと泣けてきますね。
あまりテレビで紹介しないジャンルや人物で構成していこうと思います。

この年代のかたの涙ながらのコメント書き込み、よろしくお願いします。
(って、まだブログ3週間なので、、、)

癒されましたら  ここを PUSH いただくとうれピー  です
       
 ランキングに参加しています。
   応援クリックお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by tskyso | 2007-10-13 21:06 | 昭和40年代他懐かしネタ