タグ:よしのや カレー ( 1 ) タグの人気記事
吉野家の カレー牛丼 なんですが・・・・
♪ 童謡  「夏の思い出」

♪ なつがくーれば おもいだすー

夏川りみー 蒼井そらー 
、、、


おまけ

森山直太郎  ♪ 「夏の終わり」

♪ なーつの  我~愛~你~(ウォーアイニー)

※我愛你 = 中国語で 「愛してる」


今の名古屋らしく
気温35度以上の暑苦しい冒頭にてご無礼いたしました・・



さて、
お笑い関連ではいろいろ文句タレな記事が多いですが
今回はちと 吉野家 で吠えることに。
今回もチョー長い記事になるかと・・・


先日、養子の親ならぬ、吉野家・・がカレー系の丼、販売開始しました。

ヤバイ・・・

この ヤバイ、ってのは今どきの若者の使う意味でなく、
まずい、ってこと。
この まずい、ってのは、美味しい不味いのまずいでなく、
ヤバイ、ってこと。

なんか表現が尻ケツです、でなく支離滅裂なので
太く、でなく補足・・します。

d0129745_19313184.jpg
牛丼カレー。


ただ、
小生がよく食べるレトルトカレーに
味、食感(ODBでは飲感・・)が、
かつ、ジャガイモなど野菜の切り方も似てて・・・

一番手でその業界の一線でやってきた企業は
どうしても2番手、3番手に追い越されがち。

1番手はどうしても、手本、基本、比較の対象となり、
2番手以降は、研究にかかわる時間や費用が少なくてすむし
1番手は途中から大幅な味や商品入れ替えなどの変化
はしにくいし勇気とリスクが要る。

なので何十年も牛丼食べてきた小生には吉野家には
他社に負けずにがんばってほしいんですが、、、

でも、発売までにはプロたちの相当の試行錯誤があって
こうなったと思うんで、
あえてここまで味と、ましてや形までレトルトに似させているのは
なんか意味あるんでしょうね。


もうひとつ思ったのは、器をどんぶりのままにしたこと。

牛丼とカレーを両方楽しみたい、ってかたが多いと思うけど
これだとご飯の表面積が少ないんで別々に食べにくい。
すごく縦に掘り下げて食べなきゃいけない。
まぜて食べるにはいいんだけど。

小生ならば、ですが、
まず、レトルトと同じ見た目のジャガイモ、ニンジンはなしに。
でも、まったく具がないと貧相に見えるので
牛丼屋なんだから、牛ふんだんにいれたカレーにしちゃう。
NHKじゃないので、万人に受けなくてもいいんで差別化を。
味ももっと冒険して全然違う味にするのはもちろん。
牛丼カレーの場合は、
のせた牛と混ぜちゃう、温たまとまぜちゃう、
半熟目玉焼き乗せちゃう、七味(一味?)ぶっかけ、
カレー専用ソース置く、など
独特の食べ方を広める努力をします。

カレーと離れますが、牛丼屋ならではで
牛ステーキ丼、牛スジ丼(味噌か甘辛で)
すき焼き丼(単にすき焼きのタレに変えるだけでもいい)
なども面白いなあと。
あと、異色のものとして
ヘルシーで見た目の色も良い温野菜丼もトライしたい、
ただ、何かインパクトないと商品として成立しないけど。


ついでにもうひとつ、CMについていいますと、

牛丼110円引き、ってすごく強調されてて
価格がいくらかはたしかテロップではでてなかったような。
画像の背景とか探せば価格が映ってたと思いますが。
110円も引いてる、すごい、の前に
110円引いてもこの値段、もともとがメチャ高かった
っていう印象が強く感じてしまう・・・

CMについてもうひとつ言うと、
ちと昔まで、つまり他の牛丼チェーン3社がまだ
これほど勢いのなかったころ、勢いが出始め、のころ、
吉野家はまだ、老舗らしく基本牛丼のみ、
サラリーマンや若いにーちゃんターゲットでいいような
経営をしていました。 ある意味ブランドの誇りみたいな。
そのときはよかったけど。
でも、今のCMではOLなり女子を連れてきている。
であればメニューも大きく変える、増やさなきゃいけないと感じてます。

今、すき家はファミリー向けのCMをしています。
家族で安い外食に行くとき、何食べよう、ってなったとき
「牛丼屋? えー、、、すき家ならいいけど。」 くらいになると思います。
牛丼屋へ行ったことのない奥様とチビっ子に
牛丼以外で、とりあえず私の食べるものはありそう、という
安心感を与えてるCMになるので単純ですが効果は大きいです。
家族だと1行動で、ひとりと比べて数倍の売り上げになるし。

カップル、家族で牛丼屋に来ていただくには
牛丼以外のメインディッシュも必要、で、カレーが出たんだと。
ただ、美味しくないといけないけど・・


こういう機会が少ないのでついでにもうひとつ。

ファーストフードの中でも魅力に大きく差が出る項目の2つ
・揚げ物がサクサク(揚げる)かそうでない(できてるものをレンジ)か。
・焼き物に焦げ目がついてるか。
(焼いたものを暖めてるか、その場で焼くか)

以前吉野家で鉄板ででてきた焼肉定食がありました。
当時、鉄板で肉が焦げてておいしかった。
たぶん調理済みのものをほんの少しでも
焼いた感じにする工夫をしてたと思います。
ただ、途中からその焦げ感覚がなくなってきて
それからは食べてません。
今で言うとしょうが焼肉定食でしょうか。
すき家にもあるけど、煮物、って感もあります。
あれも温めた後少しでも焼いた感覚つければ美味しいけど、、

通りすがり、腹も減ってないのに焼き鳥の屋台があると吸い込まれるのは
あの、焦げたにおい、なんだから。
うなぎ屋さんでも同じことが言えますね。


とにかく吉野家が業界1番に戻ってほしい、
ひいきにしたい中高年なんですが、
今回のカレーにはメチャショックを受けております。
過去、経営的にも失敗し、カレーでも評判はイマイチだった、
決死の覚悟ならば前の味は忘れて、大きく変わる必要があるかと。


カレー専門店以外で小生の感覚で普通のカレーの味を大分すると
・ココイチのカレー
・レトルトカレー
・ファミレス、なか卯、一部の喫茶店のカレー
・松屋のカレー
あと、すき屋のカレーは
これらの要素がビミョーに混ざってる感じ。

に分かれます。
美味しい不味いでなく、味の感覚としての分別ですが。


吉野家でなく残念ですが、牛丼屋のカレーで小生のおすすめは

d0129745_1931575.jpg
松屋 の カレ・ギュウ 

画像は 大盛り。



カレーの味も松屋独特で、1回目より
3回、4回目のほうが美味しく感じるのではと思います。
1回目で、変わった味、っと思ったかたはリピートしないかもしれませんが。

皿もカレー皿で表面積が大きいので
牛丼とカレーの両方を別々に楽しめます。


以上、やっぱ歳とったオジサンとしては老舗を応援したい、、

陰ながら吉野家の挽回を期待しております。



今回は肉肉しい内容でした・・

次回記事は180度違う方向性の記事になりそう、、、。


ランキング参加しています。 応援クリックお願いします
人気ブログランキング    にほん ブログ村
[PR]
by tskyso | 2011-08-09 19:35 | 名古屋情報・食べ放題・デカ盛り