<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
野草、野菜。自然の恵みフルコース体験。
今回は前回記事の続きです。
この記事のひとつ前(下)、前編よりご覧ください。


こんにちは
好きなユーロビートは、 ♪ミート・マイ・フレンド(懐かP)、みたいな
肉好きな小生が、野菜を食べに行くというご乱心・・・

d0129745_1913060.jpg
愛知 豊田市(小原)の 
西村自然農園さん 後編です。


前回は
野草や野菜を収穫し、豆腐つくりまで紹介しました。

実生活の中で食べている豆腐、っていうと
激安店で1パック買ってきて皿に盛って醤油ぶっかけていただく。
それも、メインディッシュのおまけ、見たいな感じがありました。
d0129745_1922485.jpg

ただ、手間肥満、でなく手間ひまかけて作った豆腐に
花オクラをしいて、ひとかけらでもオクラをのせてきれいな器に入れる。
どばっと醤油をかけるのでなく、奥様特製のスパイスと一滴のしょうゆ。
4番バッター、みたいな品になりました。


そして、豆腐つくりででできた おから。
d0129745_1935074.jpg
d0129745_1941338.jpg

これに、参加者の皆さんがいろいろな野菜を刻んで混ぜて団子にして、
ご主人に揚げていただきます。

おお、ご主人、、、 ここでやっと登場・・

プログラムの説明、進行など、すべて奥様がメインで
あまり見かけないと思ったら、このおから団子や野草を揚げたり
奥でずっといろいろな調理をしてくださいました。

時間が限られているので参加者でたくさんのメニューはつくれないので
ご主人、奥様、研修生おねいさまの料理で、
とても満足した種類をいただくことができました。


さて、料理はできた都度だしてくださったので
1品ずつの画像になります。
d0129745_1951718.jpg
d0129745_1955832.jpg
d0129745_1962114.jpg
d0129745_1964312.jpg
d0129745_1971596.jpg
d0129745_1973684.jpg
d0129745_198516.jpg


最初の1皿はご主人に調理していただいたものです。
画像左の細長いのはゴーヤの天ぷら、
小生ゴーヤが苦手ですが美味しかったです、てか
食べてもゴーヤかわかんなかった。
ゼリーはシソのゼリー。
卵焼きがまたメッチャ美味しい、と評判でした。
卵焼きの左が皆で作ったおから揚げです。

その他画像は
ワラビ、モロヘイヤ、オクラ、ズッキーニ、くず
をつかった料理です。
あと、お味噌汁もありました。

最後の雑穀ご飯と梅干しってのもなかなかです。
小腹がすいたときこれだけでもいいなあ、って。

このほか、手作り豆腐やお味噌汁も美味しかったです。


今回、肉絶ち と銘打ちましたが、肉を食べない、というよりは
どんなものでもその食事のメインディッシュになる、
ということを習慣にしたいと思っています。


ODBの悲しい性 
間食して食事前に空腹状態でなくても食事はめいっぱい食べちゃう。
空腹だったらなんでも美味しく食べられるのでおかずは何でもいいけど、
あまり空腹でない時のメニューはどうしても、好物とか美味しいものしか食べない、
だから腹減ってないときは肉食べちゃう、ってなります。

いままで野菜がメインディッシュってなかった。
なので今回でそれを修正したいと思います。


ちょうど 阿久 悠、でなく悪友のpoyoさん がよく
庄司いずみさん のレシピよくブログに載せてた。
小生もまた作ってみようかなあ・・・


でも、ネットって1メニュー1画面なんで
小生のPCの動き遅いんで、いっぱいメニュー見ていくのが面倒、
本でもあればいいんだけど・・・


d0129745_191026.jpg

ひとりツッコミ・・・


以前、ネットのメニュー作ったこともありますが、
簡単なものが多い、てか、
調理、ってとこまでいかない手間がかからないものも多い。

きらいな野菜を食べようとするとき、
何かに混ぜて、とか、なんか味を変えて、とか工夫せず
そのまま手づかみで一気に我慢して食べちゃう、みたいな、
面倒くさがりの小生にはほんとためになるレシピです。

あとは実践するかどうかだけ、、。


今回は、西村自然農園のご夫婦と研修生のおねいさまには

普段ではできない楽しい体験をさせていただきました。

小生以外のメタボパパ家族も連れてまた伺いたいと思っております。
[PR]
by tskyso | 2011-08-20 19:22 | いきもの 自然
肉オンリー の小生が 野草 を食べるとは・・・
 「 あー、 野菜食べたい ・・・・ 」

えー! あのルギーさんの言葉とは信じられない、、

焼肉のとき、
鉄板にひく脂身をチュルっと飲み込むのが好きなルギーさんが・・

しょうが焼きのとき、
下チビ君が切ってよけて残した脂身まで食べるルギーさんが・・

嫁が料理の時、くどい脂身三角コーナーに捨てたやつを
拾って焼いてまで食べるあのルギーさんが・・



だまらっしゃい!


すみませんでした、ルギーさん。
こんなこと言うとイメージ崩れちゃいますもんね
(もとからイメージそのまんまです・・・)



いや、、

嫁にバれると捨てた肉食えんくなる・・(そっちかい!)
または、脂身捨てるときにヒ素混ぜられる・・・


でも、そんなルギーさんが、野菜食べたい、なんて
どういう風の吹きだまり ?・・・

ん、、なんか言葉が違ってそう。

どういう顔の吹き出物、、、でもない、
どういう彼の弾き語り、、、でもなく、
どういうカレーの吹きこぼし、、、でもなく、
どういうお江戸引き回し、、、でもない、、
どういう風邪の疋田真理、、、

正解がわからんんくなった、、 各自で調べてください・・・


改めましてこんにちは。

ズッキーニ っていうのが、
木下 優樹菜、南明奈とのトリオのひとりでなく、
作曲家の名前でもないことを把握しましたルギーです・・


もうアラフィフ、今年はどげんかせんといかんシリーズ
 の第2弾 「 脱・ 肉 」 です。
第1弾 の 手 話 は順調に興味が持続しています。


本日は下チビと、以前は小原村、現在は豊田市の 
西村自然農園さん で日帰り体験 をしてきました。

当方はおバカブログですので、内容と頭髪は薄いので、、
体験の詳細はこちらを。
HP(ハラパンパン、でなく、ホームページ・・) ←リンク


ここからは真面目になります、ご了承ください。
(真面目になって誤るブログ、ってのも・・・)
1回では報告しきれないので2回に分けてお送りします。


当方以外に2グループ、参加者計15名くらい。
ODBは小生だけだったような・・

まずは、食材となる野草と野菜を収穫します。
家の近くに雑草も土もない当家では考えられない、
雑草のあるような場所にも野菜ができてる。

d0129745_17103696.jpgとりあえず、
ヨモギ、シソ、青シソ、クズ、オクラ、
花オクラ、トマト、ピーマン、ゴーヤ
など、皆でとってきた野菜、野草
をまとめていきます。
今回の昼食のほとんどが
今とってきたもので作られます。


d0129745_17115570.jpg
画像右端が、農園の奥様。
お肌スベスベで年齢よりも若く見えて
化粧要らず。

まあ小生も、お肌は脂でスベスベ、というかテカテカツルツルですが。
顔の上で真央ちゃんがトリプルアクセル飛べます、ってか
すべりすぎて転倒します・・
まあ、このごろ真央ちゃん転倒多いですが(コラ!)

奥様の化粧要らずで若く見える、その秘訣のひとつが、とうふ。

長くなりますのでとりあえず今回は、とうふ作りについて載せます。
工程は一部省略して載せます。

d0129745_17123174.jpg
大豆を
コアリズムの腰くらいシェイク


d0129745_17131584.jpg
温めていくと、
もにょもにょになっていきます。


d0129745_17135954.jpg
ビリーズブートキャンプ 最終プログラム、
程度に、ぎゅっと絞ると おから ができます。


下に豆乳、上におから、に分かれます。おからは別メニューにします。

画像では見えないですが、下部の豆乳ににがりを入れて温め、

d0129745_17145595.jpg


豆腐の誕生!



長くなるので前編はこのあたりまで。
その他前半までの画像、もう少し紹介いたします。

d0129745_17261876.jpg
d0129745_17264430.jpg
d0129745_1727127.jpg
d0129745_17273433.jpg
d0129745_1812674.jpg
d0129745_1812339.jpg


最後の画像、とうふ作りしたナベ。
普通洗っちゃうんですが、側面でカリカリになったところも、
「湯葉だー」ってみなさん楽しく食べてみえました。
名古屋のダラダラした街の生活がなんかルナシー、でなく、むなしい・


全体の感想や後半の様子は、
週末くらいには
後編のUP と 体重DOWN いたします・・・

d0129745_22214418.jpg

後半は調理編、

こんな感じ。



採れたものだけでの食事でも、とても美味しくいただけました。
今は、野菜があればわざわざ肉食べなくても、って感じてます。
ただこれが、
帰ってまた名古屋での生活のなかでスーパーの野菜食べて
同じ感覚でいられるかどうか、ってのは
まだ自分でもわからないところです。


明日はエアロ。
いつもならお盆に、体重チョー上げぽよ~ なんですが、
今年は盆前キープくらいでいけそうです。


ランキング参加しています。 応援クリックお願いします
人気ブログランキング    にほん ブログ村
[PR]
by tskyso | 2011-08-16 17:30 | いきもの 自然
吉野家の カレー牛丼 なんですが・・・・
♪ 童謡  「夏の思い出」

♪ なつがくーれば おもいだすー

夏川りみー 蒼井そらー 
、、、


おまけ

森山直太郎  ♪ 「夏の終わり」

♪ なーつの  我~愛~你~(ウォーアイニー)

※我愛你 = 中国語で 「愛してる」


今の名古屋らしく
気温35度以上の暑苦しい冒頭にてご無礼いたしました・・



さて、
お笑い関連ではいろいろ文句タレな記事が多いですが
今回はちと 吉野家 で吠えることに。
今回もチョー長い記事になるかと・・・


先日、養子の親ならぬ、吉野家・・がカレー系の丼、販売開始しました。

ヤバイ・・・

この ヤバイ、ってのは今どきの若者の使う意味でなく、
まずい、ってこと。
この まずい、ってのは、美味しい不味いのまずいでなく、
ヤバイ、ってこと。

なんか表現が尻ケツです、でなく支離滅裂なので
太く、でなく補足・・します。

d0129745_19313184.jpg
牛丼カレー。


ただ、
小生がよく食べるレトルトカレーに
味、食感(ODBでは飲感・・)が、
かつ、ジャガイモなど野菜の切り方も似てて・・・

一番手でその業界の一線でやってきた企業は
どうしても2番手、3番手に追い越されがち。

1番手はどうしても、手本、基本、比較の対象となり、
2番手以降は、研究にかかわる時間や費用が少なくてすむし
1番手は途中から大幅な味や商品入れ替えなどの変化
はしにくいし勇気とリスクが要る。

なので何十年も牛丼食べてきた小生には吉野家には
他社に負けずにがんばってほしいんですが、、、

でも、発売までにはプロたちの相当の試行錯誤があって
こうなったと思うんで、
あえてここまで味と、ましてや形までレトルトに似させているのは
なんか意味あるんでしょうね。


もうひとつ思ったのは、器をどんぶりのままにしたこと。

牛丼とカレーを両方楽しみたい、ってかたが多いと思うけど
これだとご飯の表面積が少ないんで別々に食べにくい。
すごく縦に掘り下げて食べなきゃいけない。
まぜて食べるにはいいんだけど。

小生ならば、ですが、
まず、レトルトと同じ見た目のジャガイモ、ニンジンはなしに。
でも、まったく具がないと貧相に見えるので
牛丼屋なんだから、牛ふんだんにいれたカレーにしちゃう。
NHKじゃないので、万人に受けなくてもいいんで差別化を。
味ももっと冒険して全然違う味にするのはもちろん。
牛丼カレーの場合は、
のせた牛と混ぜちゃう、温たまとまぜちゃう、
半熟目玉焼き乗せちゃう、七味(一味?)ぶっかけ、
カレー専用ソース置く、など
独特の食べ方を広める努力をします。

カレーと離れますが、牛丼屋ならではで
牛ステーキ丼、牛スジ丼(味噌か甘辛で)
すき焼き丼(単にすき焼きのタレに変えるだけでもいい)
なども面白いなあと。
あと、異色のものとして
ヘルシーで見た目の色も良い温野菜丼もトライしたい、
ただ、何かインパクトないと商品として成立しないけど。


ついでにもうひとつ、CMについていいますと、

牛丼110円引き、ってすごく強調されてて
価格がいくらかはたしかテロップではでてなかったような。
画像の背景とか探せば価格が映ってたと思いますが。
110円も引いてる、すごい、の前に
110円引いてもこの値段、もともとがメチャ高かった
っていう印象が強く感じてしまう・・・

CMについてもうひとつ言うと、
ちと昔まで、つまり他の牛丼チェーン3社がまだ
これほど勢いのなかったころ、勢いが出始め、のころ、
吉野家はまだ、老舗らしく基本牛丼のみ、
サラリーマンや若いにーちゃんターゲットでいいような
経営をしていました。 ある意味ブランドの誇りみたいな。
そのときはよかったけど。
でも、今のCMではOLなり女子を連れてきている。
であればメニューも大きく変える、増やさなきゃいけないと感じてます。

今、すき家はファミリー向けのCMをしています。
家族で安い外食に行くとき、何食べよう、ってなったとき
「牛丼屋? えー、、、すき家ならいいけど。」 くらいになると思います。
牛丼屋へ行ったことのない奥様とチビっ子に
牛丼以外で、とりあえず私の食べるものはありそう、という
安心感を与えてるCMになるので単純ですが効果は大きいです。
家族だと1行動で、ひとりと比べて数倍の売り上げになるし。

カップル、家族で牛丼屋に来ていただくには
牛丼以外のメインディッシュも必要、で、カレーが出たんだと。
ただ、美味しくないといけないけど・・


こういう機会が少ないのでついでにもうひとつ。

ファーストフードの中でも魅力に大きく差が出る項目の2つ
・揚げ物がサクサク(揚げる)かそうでない(できてるものをレンジ)か。
・焼き物に焦げ目がついてるか。
(焼いたものを暖めてるか、その場で焼くか)

以前吉野家で鉄板ででてきた焼肉定食がありました。
当時、鉄板で肉が焦げてておいしかった。
たぶん調理済みのものをほんの少しでも
焼いた感じにする工夫をしてたと思います。
ただ、途中からその焦げ感覚がなくなってきて
それからは食べてません。
今で言うとしょうが焼肉定食でしょうか。
すき家にもあるけど、煮物、って感もあります。
あれも温めた後少しでも焼いた感覚つければ美味しいけど、、

通りすがり、腹も減ってないのに焼き鳥の屋台があると吸い込まれるのは
あの、焦げたにおい、なんだから。
うなぎ屋さんでも同じことが言えますね。


とにかく吉野家が業界1番に戻ってほしい、
ひいきにしたい中高年なんですが、
今回のカレーにはメチャショックを受けております。
過去、経営的にも失敗し、カレーでも評判はイマイチだった、
決死の覚悟ならば前の味は忘れて、大きく変わる必要があるかと。


カレー専門店以外で小生の感覚で普通のカレーの味を大分すると
・ココイチのカレー
・レトルトカレー
・ファミレス、なか卯、一部の喫茶店のカレー
・松屋のカレー
あと、すき屋のカレーは
これらの要素がビミョーに混ざってる感じ。

に分かれます。
美味しい不味いでなく、味の感覚としての分別ですが。


吉野家でなく残念ですが、牛丼屋のカレーで小生のおすすめは

d0129745_1931575.jpg
松屋 の カレ・ギュウ 

画像は 大盛り。



カレーの味も松屋独特で、1回目より
3回、4回目のほうが美味しく感じるのではと思います。
1回目で、変わった味、っと思ったかたはリピートしないかもしれませんが。

皿もカレー皿で表面積が大きいので
牛丼とカレーの両方を別々に楽しめます。


以上、やっぱ歳とったオジサンとしては老舗を応援したい、、

陰ながら吉野家の挽回を期待しております。



今回は肉肉しい内容でした・・

次回記事は180度違う方向性の記事になりそう、、、。


ランキング参加しています。 応援クリックお願いします
人気ブログランキング    にほん ブログ村
[PR]
by tskyso | 2011-08-09 19:35 | 名古屋情報・食べ放題・デカ盛り