M-1 終わりまして
本日は2記事UPします。

まずはM-1結果出ての感想。


漫才のM-1グランプリ、終わりました。

ノンスタイルの圧勝でしたね。

事前予想で細かく記事書いちゃったんで、結果のほうは記事やめようかと思ったんですが、
たるりーなさん も燃えてるんで書かなきゃね。 ちと簡潔にしますね。



ノンスタイル
完成された漫才、まったく落ち度もなく完璧でした。
ここは往年の やすしきよし と同じでツッコミが進行やネタふりせず、
ボケのやっさんが自分でネタフってボケて、きよっさんのボケツッコミで笑わせると。
オーソドックスな漫才と違いますね。
ノンスタイルもイキリのほうが勝手にキザにいきって陶酔し、
白いほうがボケツッコミ。
東京進出前から東京でも笑ってもらえていたキャラなのがよかったです。
他の大阪の人気芸人、東京ではしぃ~ん、っていっぱいいたし。


ナイツ
小生の予想よりも爆笑が少なかったんで残念。
メガネで笑い、城でおかしくなるところはさすが笑いに肥えた寄席の客好みですね。
来年の優勝候補ですね。 その間にネタはどう変わっていくんでしょうね。
でもナイツ嫌いな人も多いですねー。


オードリー
が今回のM-1を救いましたね。
ツッコミに柔軟性があってよかったです。
かんだときも普通そこで1回は笑ってもらえるんですが、そのあと
「おまえがなんとかしろ」
「なんとかできたら、、、」と2人とも続けて笑いとったとこはナイスですね。
最終決戦の春日の「ホイ」の合いの手がやけに使ってたと思ったら、
観衆に混じらせたのをうまく理解させていました、ここもうまかった。
作家でなく自分でこれ作ってるなら将来すごいと思います。


残念ですが笑い飯、キングコングがとても今後優勝を狙えなくなってしまいました。
まだ10年じゃなかったっけ。
キンコンはやっぱ漫才がやや不自然な感じ、今回に賭けすぎて自分を見失ったか・・
進行やツッコミ上手な西野とボケる梶原は、やっぱバラエティーのほうがいいと思うけど。
笑い飯は、、、ノーコメント、こんだけ出ちゃうともう、、、。
交互のダブルボケはもう通用しないかと。
西田(ヒゲ)のボケ、哲夫のボケツッコミにしたほうがいいのでは。


ザ・パンチ
M-1はいつものネタではダメって言ったのに・・・。 それがすべて。
「死んでぇ~」に無理やり持ってくしかなく、不自然すぎて今回は漫才でない。
ここはパンチのほうがネタフリしちゃダメかと、ツッコミが9割、パンチが1割でいかないと。

モンスターエンジン
若さが出ました。 
技術が伴ってあとひと工夫にボケの数増やせば審査員にはメチャいいウケと思いますが。
ドロドロ血のように、流れが不安定でした。

ダイアンもなあ・・・
上手なんですが、、なんか華がないと。免疫ついちゃったのがマズイ。
ツッコミがやや異常になってきて、ボケがそれツッこんだほうがいいかなあと、
ますだおかだみたいな路線でいってみるとか。

U字工事
地元ではスターとのこと、出来はよかったと思います。
ただ、地方弁の漫才ってわりと違和感あるんですよね。
華丸大吉みたく。1部にはいいんですが万人には受け入れられにくい・・
完璧でも、トータル80点になるような。


さて、
今回、今までとM-1が大きく変わったのは、
常連組がこれからは決勝進出や優勝しにくくなる昨今のTV番組事情ですね。


今回のノンスタイルはもうこれぞ漫才、でしたが、

これからの芸人は、
新しい笑い探さないともう笑ってもらえないんじゃないでしょうか。



まあそんなとこで。

今日は記事2つなんで、さようなら・・・
[PR]
by tskyso | 2008-12-22 21:50 | ギャグ、お笑い、駄洒落
<< 今回は目立たず小食なルギーの風景 M-1 ですねえ。 >>