真面目ルギブロ週間3日目。 お笑いですが笑いなしですけど何か?
真面目ルギブロ週間3日目

おお、きょうは更新早い、、、、
昨日のような真面目な政治ネタはイマイチだったかも、ってことで早めに。
昨日はオブラート包みすぎたなあ、、、。
言いたいことの1パーセントも出してない、、、。



さて、
お笑い関連記事の時は、なぜかお笑いなしの当ブログ・・・

ルギーの基本、もと となってるのは、お笑いで言えば、
もう20年以上経ちますが、ツービート(たけし)  さんです。
愛情のあるブラック、というか、、

それまでの漫才の常識、基本をがらっと変えたコンビかと。
テツandトモやレギュラーなどの、あるあるネタ、
原点、きっかけはツービートと思ってます。


それまでの漫才は、
基本は相方や相方の家族をけなす。 (これはツービートも基本にしてる)  

で、もうひとつの展開は
全くの作り話、出来事を展開していきながらところどころ現実でないボケしていく。
「きのう僕が喫茶店行ったときに、店員みんなケムール人だった、、、」 みたいな。

たけしは、実際にいるかも、でもいたら異常だ、っていうそのへんの庶民をいわば、
やや大げさに 描 写 している。 表現がしにくいですが、例えば、
(・・・言葉は汚いですが、たけしの使うままの表現です、すみません・・・)

「そしたら義太夫みたいなババアが キャー、秀樹ー、アイラブユー・・・・てバカヤロー!」
「そこでたこ焼き食ってたベラそっくりな奴が、うわあ、私にそっくりー、かわいー! てバカッ!」

・・・よくわかんないと思いますが、、、、
これが あるあるネタ の原点というか、
ただの異常でない描写がボケとして通用、共感してきた最初かと。

テツトモやレギュラーもそうですが、ほかの芸人のネタ、よく思い出してみて、、、

例えば、エンタのピンを挙げていくと、
だいたひかる、はなわ、世界の梅沢、犬井ヒロシ、にしおかすみこ、
キック、小梅太夫、波多陽区、柳原可奈子、あと、つまんない若手たち、、

みんな、実際や実際っぽい出来事をネタに、
あるある、同感、ありそー、いるかもー、いたらヤバイ、
あとそれに文句言う、が単にボケになってる。


例えば昔のボケは、
「君の嫁さん、動物園のオリの中でワニと暴れとったで。」 と、非現実的なボケから、

「君の嫁さん、動物園で自給800円で、
イケメンのバイトの兄ちゃんとポテト揚げて、イキイキしとったで。」
 にかわったような、、。
よくわかんないと思いますが・・・・・・・・・


たけしさんが原点なんで小生は、、
小心者なのに、ピンク、ブラック、自虐ネタがはいるんです、、、、。

あと、たけしさんみたいに人の悪口言ってると、
普通のこと言っただけでいい人に見える、というテクも。
ただ、悪口言った後は自虐する、というのも礼儀、基本ですが、、、。
これをしているのは、波多陽区とかキックとかですね。


しかし、漫才ブームは、すごかった・・・・・
今もお笑いブームとか言いますが、全く次元が違いましたね。

あのころはよかった・・・・ああ、オヤジになったときの口癖、、、


しまった・・・若い人には、、わからんネタだった、、、。
世界の67億人、全部同級生だと勘違い・・・



明日も多分、真面目なお笑い記事かなあ、、、、

それか、一回普通にもどろうか、、、、思案中・・・


ランキング参加しています。
応援クリック↓お願いします
人気ブログランキング  
にほん ブログ村
両方だと↑うれしいです
[PR]
by tskyso | 2008-04-09 19:05 | その他、日 常
<< 久々不真面目ですけど、何か? ... 今週は真面目ルギブロ週間・・ ... >>