今の R-1 見てまして、、、
お笑い興味ないかたはイマイチかも。
そーゆーかたは前々回くらいの記事で我慢を。

あ、例のごとく、真面目ネタです。 普通は変ですが、お笑いには、、。


今日のR-1。 

小生の独断偏見。 すみません・・・・。
名古屋のお笑い不作地帯での公正な判断のつもり。
意識しないとお笑い芸人、知ることもできないですから、、、サビシー・・・
関西好き、とか東京好き、偏っちゃわない地域です。


基本は、ファンはすでに見たことある18番のネタを
どうアレンジして飽きさせないか・・・・・
または一か八かの新ネタか・・・


COWCOW 山田よし

このネタでも見せ方によっては玄人っぽく仕上がるかと、、、残念。

たぬききた、ルールーなど、連続、ところどころオチのところ、
トツギーノの二番煎じみたい。
回数続けたオチで笑いを積み重ねたい感じですが不完全燃焼。
もすこし堂々としたほうがよかった。 緊張してたか。 

田中邦衛なら、似てないモノマネでの進行は逆にネタが死ぬ。素人っぽくなる。
格好だけにして、あとは予想外に全く地声でやったほうがいいか、、、。
まずそれでひとつかみしといて。

数種類の単発ネタをつなげた感じ、プロとしては中途半端感がある。



世界のナベアツ

相当の期待を背負っての登場。 どうにか健闘したと思います。
よくアレンジしてきました。
流がスムーズではなかったですが、3のネタ、飽きないように工夫されてました。

ただ、審査するのは客でない、、、、  プロ。

おもしろかったけど・・・
全体の流れなど、技術点が取れなかった。



中山功太

ナベアツのあとでかわいそうだった、、、。

ネタがわりと知ってるネタが多く、、、、、オーソドックスに感じてしまいました。

もう少し初のネタ入れたほうがよかったかと。

数やるわけなんで、大爆笑のが数個はいったら展開も変わったかも。

出来はまあまあよかったと思いましたが。



なだぎ武

さすが天才集団 プラン9 だけあり。  大爆笑は少なかったですが無難。

前の3人の単発ネタと違って、さすがにつなげてきました。
素人のにゲスト出演した感じ。
ストーリーがあってオチでなくフリの部分でも小笑いをとっていく。
ジャブとまあまあの的確パンチで玄人受けする感じ。
起承転結のある芸だと、
客の笑いより、審査員の評価は高いかと。



鳥居みゆき

やっぱこういう舞台、見慣れないネタ、ハイテンションでいくのもいいですね。
初モノの特徴、笑いがあとからゆっくり来る感じで。
ネタとキャラを総合的に考えたほうがよいと感じました。
双方が一人歩き、って感じ。

ちょっと客が同一化するのに戸惑ったところもあった気がしますが、
序盤のどっかで入りこんだらすごいことになると思ったんですが、、、
善戦、ということでいいでしょうか。

ピンなんでツッコミは自分、自虐的なうけるツッコミを確立も急務。

ほんのすこし、なにかちょっと変わるだけでずい分爆発する、と思いました。
終わったあとのトークのときの雰囲気が中途半端、
謙虚になるか、バカキャラで通すか、変なイメージだった。



あべこうじ

上手ですね。 上手だけにかわいそう・・・・
若者が漫談風ネタに飽きてきている時代。
ツカミでまず爆笑とらないと客が入ってきにくい。

客が把握して笑うにはすばやいトークが今回はややマイナス面になったと感じ、、。
これに関してはゆっくりのトークでどよめく笑いも含めたのほうがよかったかなと。

客が笑うタイミングとトークがかみ合わず、ついていけなかった。
笑うところでもう次の題材に入ってた。

とにかく今日は突っ走りすぎた感じ。
もすこしゆっくりで、受けないときのリアクションオチ入れながら進めたら、
どうだったろう、、、。



芋洗坂係長 、、、だったか課長だったか、、

あと2点。 、、、、、、もったいない・・・

はじめのふつうのトークの時、面白くないとこで、
観客が数人複数回バカ笑いが出てた、 小生茶の間ではそこまで感じてなかったんで、
あれ、これは、、、なんか、、、て感じでした。
素人のODB、心配でしたが、ツカミが大変うまくいきました。

ただひとつ、メチャクチャ残念なのは、
1曲目のほうが面白かった。 最後2曲目でややしりすぼみ、、、、
順序逆なら最後の拍手量、ずいぶん違ったと。
これで2点はひっくり返ったと思ってます。

あとこのひと、キャラクターも浮いてなく、客をひきこんでたとこもよかった。
ネタ、キャラ、に中途半端さがなく、客が入っていき易かったと。
ダンスもひとつひとつに小笑いとるためのキレがありました。


土肥ポン太


単発モノボケ。  たくさんウければどうにかなるかなあと。

♪ ダンシンオールナイトが、、、、大ダメージ。
なんか間違えたか、と思うくらい無駄、を越してここで残念ながらもう、、、

そのあとのモノボケ、そこそこいいものもあったんでもったいない。

期待も多かったと思うので、
ファンの人は、 どうしたのかなあ と思ったのでは、、、。



今回のように大爆笑がないなかの大会では、
素人が1番になるのはよくないことと感じます。

技術のあるなだぎ が取って、ほっとしました。


善戦2位の芋・・・さん。
このひと、小生と体型が似てる、とかでなく・・・・・・・・・・・・・・
ルギーブログで判るように、洒落、イントネーションのネタは誰でもできて、
超はずれもあるけど大爆笑も取れる。 
全員爆笑じゃなくても1人がミョーにツボにはいるのが言葉ネタ。
客の一人が異常にうけると会場も雰囲気変わる。

当ブログでも皆さんのツボが違うのがおわかりかと。
これも初参戦で大健闘した理由と思います。
COWCOWのもうひとりのほうも、エンタでたまに替え歌っぽくやってるように、
1つのネタでうけることは可能ですね。 全体の完成度は別として。


ただ、
前回、前々回のM-1のほうのように
満足できる出来じゃないなあ、、、、、

日本一決定戦には思えない・・・・・


以上、申し訳ありません、生息で・・・・


ランキング参加しています。
応援クリック↓お願いします
人気ブログランキング  
にほん ブログ村
両方だと↑うれしいです
[PR]
by tskyso | 2008-02-17 17:51 | ギャグ、お笑い、駄洒落
<< うううう・・・・・  消えた・... 今日、R-1とレッドカーペット... >>