キングオブコント 良くなりました・・
ランキング参加しています。 応援クリックお願いします
人気ブログランキング    にほん ブログ村

時事ネタ中心の 右の お気に入り にもあります、
フトリー百貫辞典 ルギペディア も、
ぜひテキトーにごらんくださいませ。



旅から帰ってきました、、、が、

とりあえず今日はタイミング的に、笑いのないお笑い記事です・・・


さて、

コント№1を決める キングオブコント2009

ちなみに1年前の文句タレ記事は

コチラ


今回は、
サンドウィッチマンと争いましたが、優勝は 東京03 でした。


アルファルファの2人組にプラスドライバー角田が加わった3人組。

のらりくらりの豊本に飯塚がキれる、っていうアルファルファに、
角田のテンションが加わり、幅がずいぶん広がりました。
今回も大変面白かったです。

アルファルファでもまあやっていけるくらいくらいでしたし、
メンバー変えて大成功 の組でしょう。


さて、旅帰りで寝不足であんま見てませんでしたが、
VTR(ぶーたろー ではありません・・)で、
全員の1ネタ目と2ネタ目はちょっとだけ見ました。

とりあえず芸人採点、ってのの長所も短所もあり、
イマイチ文句のあるかたもみえるかと思いますが、
小生は今回は
ずいぶんコント日本一にふさわしい番組になったと思います。

1回目の去年があまりにもメチャクチャだったんで、
それで、よりよく感じてると思いますが。


演順、誰のネタのあとか、芸暦、所属事務所で
どうしても点数が左右されるところはあると思いますが、
前回あまりにひどすぎたのは、、ずいぶん解消されました。

今回一番実際より点数がぶれたのが東京03のあとの演者。
1回目のジャルジャル、2回目のサンドウィッチマン。
面白いネタのあと、ややそれよりは劣る、ってネタの時、
実際ひとり0.5点差(50点差)と思っても、
どうしても審査員は1点はをつけたくなります。
上位にひとり0.5点差のなかにいっぱいいる混戦の中、
1点差がつく。 仕方ないけどこれは運もありました。
なので、100人なので100点差になる場合が多いと。


今回はM-1,R-1のように、
このために1年かけて頑張った、っていう芸人が多いです。
なのでみないつもよりも面白かったです。


今回は、芸人が採点することもあり、
お笑い初心者やミーハーで見ている視聴者とは、
ウけるネタに違いがありました。

芸人はオーソドックスな笑いより、
予想外のオチとか、すんごいバカなこととか、ハプニング、
こういったのにウけやすいです。


東京03のネタは、TVだと、
客の反応がネタや番組(客層)によってすんごくすべるときがあります。
キれるところにあまり客が反応しない時が良くあります。
玄人さんにはうけてると思うんですが。
なので今回、芸人の審査、と言うのが功を奏していました。

あと、最後のオチがうまかったのも高得点に。
最後のオチ、っていうのは2つあって、
ネタ中に何回もそれを出してきて頭にインプットさせ
最後にそれ関係で落とす、ってのもありますが、

今回は冒頭に、
「ここの女将さんブサイク」って1回だけふって途中は触れない、
最後に思い出させるように落としました。
見ていたかたは、「あ~」 って感じたんじゃないでしょうか。
うまい落とし方です。



サンドウィッチマンは、
前述のような東京03のあとの2回目の演順、というのと、
すでにコント設定の漫才でM-1とってるからいいやろ、ってのと、
定番の店員と客、の設定。
芸人には2ネタ目は新鮮さとか驚きがない分、100点差がついたんでしょう。



若手も今回はすごく爆笑させていたので良かったです。
ただ、技術的にあと一息、ってのも感じました。

1回目の天竺鼠、面白かったんですが、
かむのは仕方ないとして、
ネタとボケのタイミングが合わなかったり、
ネタとボケのしゃべりが重なって聞き取れなかったり。
食べてるときのモグモグ音の数秒も、
なんかさめてきてもったいなかったかなと。

逆に2回目は、爺さんたちがレジに向かって歩く間の音、
ここはだんだんと笑いをさそう、上手な 間 だと感じました。
2回目はすごく単純、おばかなネタですが、
芸人たちには大爆笑になってました。



M-1、R-1のあとのこの大会が
やっとそれらに並んできた感じがしました。

これでコント芸人も目標が出来て、
大半が真剣に挑戦するでしょう。
技術はずいぶん上がると思います。
[PR]
by tskyso | 2009-09-23 08:46 | ギャグ、お笑い、駄洒落
<< 続き・・ こんにちは、 音 真理 です・・・ >>