今週は毎日更新。  笑いのないお笑い・・・・
ランキング参加しています。
応援クリック↓お願いします
人気ブログランキング  
にほん ブログ村
両方だと↑うれしいです



あ、たるさん、
お笑い好きのたるさんコメに負けじと、適当に記事追記しました・・・・


フトリー百貫辞典 ルギペディア より・・・・・

デジャブ

意味 
 一度も体験したことないのに、なんかすでに体験したような気がする感覚。

反対語
今食べたばかりなのになぜか食べた気がしなくて、すぐにまた食べたくなること

・・・・・・・ デブジャ 



ということで、
右のおすすめ欄にもありますブログ、
フトリー百貫辞典 ルギペディア も
たまーにご覧くださいませ。
わりと毒づいた記事にする予定です・・・


今週は毎日更新。

今日は小生特有の、 真面目なお笑い記事 ・・・・


長文です ・・・・


少し前、アジアン さんについてちと語りましたが、今日はお笑い全般。

最近はお笑い番組はたまーにしか見てない、、、、
TVついてたら見る、って感じで、何曜に何がやってるかも知らず、
レッドカーペット、ってまだ放送してるのかも知らないくらい、、、
最近家族で一番お笑い番組見てないの、
小生になっちゃいましたから・・・

たるさんのコメの、こんにちは根岸 も
誰のどのキャラか、ってのがリンクせず、
あ、このキャラのことか、って、見てからわかるくらい。
なので、あんま大きなことは言えませんが・・・・




さて、少し前、レッドカーッペットが全盛の時期から何ヶ月かたち、

今はイロモネアやレッドシアターがずいぶん目立ってきました。


レッドカーペットは1分前後のネタで、
いままではそれで飽きないので好調の理由でしたが、
逆に1分だと毎回相当な芸人が出演することになります。
毎週これだけの芸人を使うとなるとなかなかマンネリを避けるのは難しいです。



今は、 レッドシアター がずいぶん認知、認められてきています。

よく考えると、ブレイクした、または直前の芸人をレギュラーにして、
設定を変えたコントで飽きをこさせないように努力しているように感じます。
しずる、はんにゃ、フルポン、柳原のアイドル芸人以外に、
関西のジャルジャル、杉山でいたぶれる我が家など入れてるのも
皆でのコント設定に引き出しの多くなる工夫かと。

レギュラーだけでなく、いろいろな芸人も単発で呼ぶし、ただ、
一時的にブレイクしても、実力のない芸人は呼ばないところがいいです。
昨日は中川家、ザ・ギーズとかでしたが、玄人受けするチョイスかと。

あんまTVに出てない新人のコーナーもあるし、マンネリを防いでいます。

あと、ほとんどのピンは必ずすぐ消える、という大前提のもと、
紅一点の柳原は別として、他のピンは狩野英行のみ、
それも既にイマイチなキャラ、としてウッチャンが持ち上げてるのが
ピンの旬と旬過ぎたサイクルの速さをうまくとらえて、
上手な使い方をしてるなあと感じます。
同じ事務所でけなしやすい、というのも良い影響ですね。
でも、このごろ出ない週増えてきた、、、そろそろかなあ・・・

あと、我が家 でいえば、
いじめられる杉山、下ネタの坪倉と同じ高い位置で谷田部を使っています。
はんにゃ の川島くんの使い方もそうですが、
しずる の池田くんもそうだし、
イマイチだった ロッヂ も心配していましたが、
単に、人と少し違うコカドのしゃべりのテンション を拾って持ち上げます。

他番組では目立たないひとをうまく使ってキャラ作りしてるんで、
皆まとまってのコントでは、誰をメインにしても笑いが取れる
組織作りができているのでは、と感じます。



ウッチャンはわりとチャラチャラした若い女子より、
30代とか40代のの男性とかがはまる番組をよく作ります。
期待したいものです。

ナンチャンはナンチャンでまた、オリジナルな企画を作ります、
ふたりとも通常のお笑いを避けて、
玄人うけするもの、新しい笑いを作ってるように感じます。
あと、強引や下品なネタは使わないのも好感度が上がります。

ウンナン個人の個性はあっても
個人の人間性にクセがないんで安心して見られますし、
一般市民も入り易い感じがします。

逆に、たけし、さんま、志村けん、あと欽ちゃんとかもですが、
人間的に個性があるんで、自分が笑わせる、っていう笑いかと。
人によっては、なんか笑えない、って言う人も周りにわりといます。
ネタ、というか個人、でしょうね。


あと、
いつも言いますが、エンタのなんとか、、という番組は、
お笑いでなく、子供番組、ドラマ、というくくりと捉えれたくなります。
編集でいいとこどりで1,2分にまとめて流れがないような。

関西の芸人がつまらないギャグで東京進出しようとして。
ただこれで子供にいったん認知されるので大成功、ということでしょうか。
ですよー・・・フランチェン・・・ヤーバイババイバイ、、、など・・

芸人さんがかわいそうと感じるのは小生だけでしょうか。
まあまあ売れた漫才師がコントに挑んだりしてるとき、
自分がいつも使ってない言葉使って、完全、ドラマみたいなセリフで。

定番のネタも子供用に転換して面白くなくなってしまいそうな。
あの、「めんどくせーなー」 のマシンガンズ
うざい女とかを、めんどくせー、ってどんどん斬るんですが、エンタでは、
「♪ めんどくせー、めんどくせー、MAXめんどくせー」
 って、1ネタごとにリズム入れます。
名前の通りギャグの連射が功を奏しているんですが、
これが入るとテンポが寸断されて笑いがいったんリセット、途切れます。

ついでにもう一組、コンマ二センチ
ネタの最後に2人で、「デー・レーレ・レッ」見たいな感じで
イスからコケるコンビですが、わかりますか。
これも番組では、セリフ忘れましたがこけたあと、
「♪ ドンドンドン、、、よい子は決して まねしない・・・♪」
みたいなリズム入れるんですが、
これもおばかな子供が真似して怪我したときの苦情対策でしょう。
マシンガンズと同じ、勢いとテンポが生命線のこのコンビも同様、
ここで笑いがいったんリセットされ、かわいそうです・・
昔の オンバト(NHK 爆笑オンエアバトル) で
単にネタしてるほうが断然面白い・・・

オンバトに出ると100人の厳しいジャッジペーパーが本人に届くんで
あれ、すごく芸人には宝石のようなものです。
良くも悪くも小生のような文句・・を100人が本人に伝えるわけなんで。
キャー、面白いー、みたいなチャラチャラ審査員はいないです。
面白い、というときでも
「ここでこうしたから面白い」ってジャッジですしね。
審査員も抽選で1人ずつなんで、友達と笑ってる審査員もいないし。


エンタ出身のピンはブレイクすることなく消えていったり。
他の番組ではMCや他の出演者がいろいろ拾ってくれて、
イマイチなネタにも「下手」と言う意味でつっこんでくれる。
姫ちゃん とかも、レッドカーペットでは今田氏がうまく拾ってくれてるし。

エンタは逆で、そのイマイチネタでも、
客席は、二十何才までだったか限定されたの女性客が笑っちゃう。
これでウケた、と思ってしまった芸人が消えていくと。
MCが拾ってくれるだけでもブレイクすると思うんですけどね。

宝塚やっくんが以前大ブレイクしていたたとき、
他の番組にはほとんど出演してませんでした。
もし出てだめ、と言われていたならとても可愛そうです。

でも総合すると視聴率は取れ、長続きしてるわけなので大成功かと。
小生のような文句タレ視聴者は無視しとけばいいですし。
エンタはすばらしいです。 パチパチパチ・・・・・・



人 なんで、 芸としての漫才、漫談、コントが見たいなあ。
ただ残念ながら、今と昔、どちらが面白いと言ったら、断然今です。

昔は芸人は何回も同じネタやってました。
お決まりのギャグ、予想通りの展開でも、
客はそれを期待して、それを待っていて、笑いました。
芸人は 自分たち庶民とちがう、芸能人、として扱っていましたんで。

今はそれではダメ、
予想外の展開、単にネタのセリフかんだりとかでもうける。
同じネタでは笑ってくれません。
イマイチなネタなら文句言うし(あんたやろ・・・)。



ついでに、
小生、前出の ザ・ギーズは好きですが、あーゆーシュールなのは
数分、ましてやレッドカーペットやイロモネアみたいに1分では無理か。
なのでこの2つの番組では好き嫌いが2分されるコンビ、ネタです。
小生の中では基本、アンジャッシュとかぶるいいネタです。
30のオチがあるとすると、
はじめの5つは笑わせるのでなく客を単に慣れさせる
15くらいまではやや笑わせる。含み笑い程度でしょうか。
16から25は徐々に笑いのボリュームが上がっていく。
で、最後の5つでツボに。
いちばん最後のオチもこの30個の間にふってあって、有効に落とすと。
でも、
はじめの5つと終わりの5つのオチ、
後者のほうがずいぶん面白いオチかと言うとそうでもありません。
前後ひっくり返しても通用するときもよくあります。
要は 流れ で笑わせる、前半の地道な努力でしょうか。

TVでは、10分間とかのコント、漫才、なくなっちゃいましたね。
昔は普通、持ち時間が10分。
落語と同じように、
最後のオチまでの何分ものフリが、素人のできない芸 と言うものを
引きだしていたと思うんですが・・・・


今の人間は、準備や段取り、努力なしで結論がだせる時代。
TVゲームもすぐリセットしちゃえば一からやり直さなくても途中からでも始めれるし。
調べ物も検索ですぐできて。
いろいろなことが簡単にできたりするんでお笑いもオチまで待てない。

すぐに飽きちゃうんですよねー、今の子たちは。

超飽き症の小生が言うんだから、、 

間違いない!  古っ・・・


すみません、いつもだらだらギャグもない記事になってしまうのは、、、 

♪ なんでだろう~ くどい・・・


ルギーさん、もうおしまいにしてください。

あーい とぅいま てーん  ・・・・




いつもながら文句記事ですみません・・・

くうもん と もんく は、 ないと生きていけないんで・・・
[PR]
by tskyso | 2009-09-03 21:07 | ギャグ、お笑い、駄洒落
<< これ、真面目なのか不真面目なの... 今週は毎日更新。 ソテーがいい... >>